シラバス参照

講義名
Course name
卒論演習Ⅰ(加藤) 
担当教員
Instructor

加藤 千博

単位数
No of credits
期間・曜日・時限
Term/day/period
前期 月曜日 2時限 総合研究教育棟201(外国語演習室B)



コース
・専攻名
Faculty
国際文化コース 
学習到達
目標
Course
objective
 卒業論文を作成し、口頭発表を行う。卒業研究においては常に、ピア・チェックを行い、他の学生の発表に対する建設的な批評を行う。 
講義概要
Course
description
 イギリス文学、文化および関連領域の分野における卒論を作成する。4月の最初にテーマを設定し、研究計画を立案する。前期は主に資料収集と文献研究を行い、毎週発表を行う。後期は、初回に中間報告を行い、論文執筆に取り掛かる。毎週、一節(3~4頁程度)ずつ提出をして、お互いに批評をしあう。卒業論文には日本語と英語の両方で要旨を作成する。日本語で行う卒論審査(口頭試問)とは別に英語で卒論発表会を行う。卒論作成においては、ゼミ生同士でお互いの論文を読み合い、ディスカッションをしながら考察を深めていく。 
成績評価
方法
Grading
criteria
授業内評価(協働学習を含む) 70%、期末発表&レポート 30% 
前提科目
Prerequisite
courses
APEⅢを受講し、英語による要旨の書き方を学んでおくこと。 
学習上・
履修申請上
の留意点
及び
事前事後
学習
Other
prerequisites
ゼミ用の卒論規定を順守すること。



スケジュールを順守すること。 
教科書・
参考図書等
Textbooks,
materials,
and
supplies
文学研究論文はMLA、文化研究論文はAPAの書式を使用するので、それぞれの参考書を各自で入手しておくこと。 
科目等履
修生受入
の可否
及び人数
Are non
regular
students
able to join?
不可 
特別聴講
学生(単位
互換生)
受入の可否
及び人数
Are
visiting
students
able to join?
不可 
教員研究室
Instructor's
office
location
総研棟210 
教員オフィス
アワー
Instructor's
office
hours
木曜2時限 
ホーム
ページ
Homepage
http://katozemi.yokohama/ 
教員の
実務経験
について
Course
based on
practical
work
experience
アクティブ
ラーニング
について
Active
Learning
【類型2】「学生主体アクティブラーニング」 
持続可能な
開発目標(SDGs)
17の目標との関連性
SDGs
授業計画
(週単位)
Course
schedule
(weekly
plan)
前期



第1週: テーマ設定、構想発表、参考文献リスト提出



第2~14週: 各自発表、ディスカッション



第15週: 研究発表







後期



第1週: 卒論中間報告、序章提出



第2~8週: 論文執筆、各自発表



第9週: 初稿提出



第10~12週: 要旨作成、校正・最終原稿完成



第13週: 英語要旨作成(ネイティブ・チェック含む) 



第14、15週: 口頭発表予行演習、英語要旨提出



第16週: 卒論公開審査(口頭試問)、卒論発表会(英語) 
備考
Remarks


PAGE TOP