シラバス参照

講義名
Course name
イギリス文学B 
担当教員
Instructor

加藤 千博

単位数
No of credits
期間・曜日・時限
Term/day/period
前期後半 火曜日 1時限 YCUスクエア403教室
前期後半 木曜日 1時限 YCUスクエア403教室



コース
・専攻名
Faculty
学習到達
目標
Course
objective
 作品の講読と批評を通じてイギリス文学に関する知識を広げ、各作品の文学史上の意義を理解する。特に18世紀以降の小説の勃興から成熟にいたるまでの過程を学ぶ。少なくとも作品一冊を通読しレポートを完成させる。 
講義概要
Course
description
 18世紀以降のイギリス小説を中心にして、主だった作家や作品を取り上げる。作品自体を購読し理解を深めた上で、批評方法を学び、文学史上の価値を考察していく。授業では、英語で原典の一節を読み、併せてその作品に対する批評を英語で読んだり、映像で鑑賞したりして作品理解に繋げていく。宿題として、テキスト中の英語引用箇所を要約し、自分の意見・感想をA4用紙にまとめてくる。予習してきた課題文献をもとにグループごとにディスカッションを行った上で講義を行い、質疑応答を交えて授業を進めていく。授業の終わりには、学んだ内容をミニレポート(毎回5点満点で採点)として提出する。学期末には、授業で取り上げた作品(小説)の中から一つを選択し、原作(日本語訳)と映像化作品(映画、ドラマ)を比較分析したレポートを提出する。 
成績評価
方法
Grading
criteria
ミニレポート(70%)、期末レポート(30%) 
前提科目
Prerequisite
courses
学習上・
履修申請上
の留意点
及び
事前事後
学習
Other
prerequisites
 授業の参加にあたって英語文献の予習が必要です。予習を行っていない場合はディスカッションに参加できないので、その日の得点は0点となってしまいます。予習と授業内でのディスカッションが評価でかなりのウェイトを占めることになります。
 以下のような方にはこの授業をお勧めできません。1.予習の嫌いな人 2.英語の嫌いな人 3.ディスカッションの嫌いな人 4.朝に弱い人(遅刻は減点の対象となります) 5.読書の嫌いな人 
教科書・
参考図書等
Textbooks,
materials,
and
supplies
テキスト
『イギリス小説入門』川口喬一、研究社

参考書・参考資料
『読んで愉しむイギリス文学入門』白井義昭、春風社 
科目等履
修生受入
の可否
及び人数
Are non
regular
students
able to join?
可 
特別聴講
学生(単位
互換生)
受入の可否
及び人数
Are
visiting
students
able to join?
教員研究室
Instructor's
office
location
総研棟210 
教員オフィス
アワー
Instructor's
office
hours
月曜2時限 
ホーム
ページ
Homepage
http://katozemi.yokohama/ 
教員の
実務経験
について
Course
based on
practical
work
experience
アクティブ
ラーニング
について
Active
Learning
【類型1】「講義中心アクティブラーニング」 
持続可能な
開発目標(SDGs)
17の目標との関連性
SDGs
授業計画
(週単位)
Course
schedule
(weekly
plan)
第1回:オリエンテーション、文学とは何か?
第2回:Daniel Defoe, Robinson Crusoe
 ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(小説の起源)
第3回:Jonathan Swift, Gulliver's Travels
 ジョナサン・スウィフト『ガリヴァー旅行記』(諷刺・ユートピア小説)
第4回:Samuel Richardson, Pamela
 サミュエル・リチャードソン『パメラ』(書簡体小説)
第5回:Henry Fielding, Tom Jones
 ヘンリー・フィールディング『トム・ジョーンズ』(ピカレスク小説)
第6回:Horace Walpole, The Castle of Otranto
 ホレス・ウォルポール『オトラントの城』(ゴシック・ロマンス)
第7回:Jane Austen, Pride and Prejudice
 ジェイン・オースティン『高慢と偏見』(小説の成熟・全知の視点)
第8回:Charlotte Bronte, Jane Eyre
 シャーロッテ・ブロンテ『ジェイン・エア』(ロマン派小説)
第9回:William Thackeray, Vanity Fair
 ウィリアム・サッカレー『虚栄の市』(パノラマ小説)
第10回:Charles Dickens, Great Expectation
 チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』(教養小説・社会小説)
第11回:Lewis Carroll Alice's Adventure in Wonderland
 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』(児童文学・ファンタジー)
第12回:Virginia Woolf, Mrs Dalloway
 ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』(モダニズム文学・意識の流れ)
第13回:George Orwell, Animal Farm
 ジョージ・オーウェル『動物農場』(政治小説)
第14回:William Golding, Lord of the Flies
 ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』(逆ユートピア小説)
第15回:振り返り(語りの視点について) 
備考
Remarks
テキストは各自で購入しておくこと。
ミニレポートの提出方法は授業内で指示します。
ミニレポートのフォーマットはホームページの「講義」からダウンロードできます。 


PAGE TOP